26PHAH17tn.jpg c-fl21t.jpg

アルペジオフルート教室のご案内
ホームページ:http://www.arp-flute.net/

アルペジオフルート教室は、東京・神奈川に9教室展開するフリータイム制のフルート教室です。
お好きな日時に予約をいただきレッスンを行いますので、お仕事や学校が忙しい方でも、無理なくお通いいただけます。
「練習する時間がない」「近所迷惑になるので、日々の練習ができない」という方、ご相談ください。防音のアイデアをご紹介しています。

□ 年間回数は固定しておりません。1ヶ月単位でのお休みもOKです。
□ 予約しきれなかった回数は繰り越しできます。
□ 前日までのお申し出があれば、日程の変更が可能です。
□ ガラスのフルート「クリスタルフルート」のレッスンもしています。

レッスン料金:
○入会金:9,000円
○月謝:月2回7,500円(40分)より
#回数は自由に変更できます。
#スタジオレッスンはスタジオ代の一部ご負担をお願いしております(月700円)

レッスンルーム:
(スタジオレッスン)渋谷・池袋・武蔵小杉・青葉台・横浜戸部
(ホームレッスン)八雲都立大・碑文谷学芸大・武蔵小金井・練馬谷原

体験レッスン実施中!お問い合わせはホームページからどうぞ。

2018年07月21日

防音対策(2)転居エピソード(トラブル編)

筆者は賃貸物件を数回転居しています。そして、その都度練習や隣人とのトラブルを経験してきました。これをもとに、トラブルのない音出しを考察してゆきたいと思います。

実家は最適の練習場所だった

横浜の新興住宅地(といっても遡ること50年も前の話ですが)の戸建てに長く住んでいた私は、物心ついたときから右隣が空き地だったのを覚えています。のちに、空き地の裏の住人の所有で、息子さんに住まわせるために大きな庭として管理していたそうですが、息子さんがこの土地に住むことを嫌がり、その名義での家が建つことはありませんでした。

ということは、この空き地に面した部屋では練習し放題だったのです。実家に30年以上住んでいましたが、練習によるトラブルは一度もありませんでした。

隣が空き地で、窓際でガラスから音が透過しても散ってしまう。これが好条件の理由でした。

ちなみに現在はこの空き地は売却され、不動産の建売が2件立ち並びました。窓の向こうは隣家の窓。とてもじゃないけど音出しはもうできません。


実家を出て最初に住んだのはトラブルの温床

鉄筋コンクリートのマンション・・・でしたが、昭和40年代のオイルショック前後に建てられたため、手抜き工事だらけ。当時の設計では、隣家との壁はコンクリートではなく木材への塗り壁。つまり、外構だけがコンクリートだったのです。

大家からは元々、楽器練習は厳禁とのお達しがあったため、ここでは一切練習ができませんでした。立地は駅前の商店街のはずれ、住宅密集地。壁の隣も裏もマンションやビル。音漏れは100%開放的で、両隣の隣人は、左の部屋のご夫婦は毎日喧嘩、右の部屋の老婆は耳が遠く、朝4時から掃除機を壁に叩きつけるわ、裏から苦情が来るほど爆音でテレビを見るわ、おまけに最上階に住む老いた大家も耳が遠く、会話は基本的に大声。内見の際の会話が住人から注意される始末。

両隣の音について大家に相談しましたが、聞いてくれないと取り合わず、ならば代わりに音を出させろと詰め寄ると、老婆がこのマンション完成以来の住人らしく、強く出られないと。仕方なく、ここを退去しました。

大家のお墨付き、契約事項にも練習時間記載なのに

次の物件は、最初から練習できる環境で探しました。が、ここが落とし穴でした。
不動産は、防音されている建物ではなく、大家が承認している建物を探していたのです。のちにトラブルになってから気づきました。RC鉄骨構造、コンクリートではなかったのです。

大家は90歳を超えても掃除やメンテナンスに通えるほどの体力で、何か問題があると手書きの書面をポストに投函して注意を促す方でした。耳も遠くなく、電話をしてもしっかり会話が成立しましたので、家賃が遅れそうになると連絡したり、音の状況を尋ねられたりと、かなり懇意にしていました。おかげで、更新料は要らないよと言われており、長く住む条件が整っていました。音については、常識の範囲内でお願いしますと言われていました。

契約条項には朝8時から夜8時までと明記され、今度は喜んで練習できると思ったのですが・・・意外と壁の向こうの音が聞こえるのです。いやこれはよくないなと。そして、その壁に防音カーテンを這わせることにしました。若干音は小さくなりましたが、消えたわけではありませんでした。

トラブルは1年後に発生。練習中に隣人から壁を激しくたたかれたのです。怒声も聞こえました。やってはいけなかったのですが、一度直接交渉をしてしまいました。隣人は、最初こそ怒っていましたが、すぐに自分のあやまちに気づいたらしくトーンダウン。壁の向こうは隣人の寝室で、仕事はタクシー運転手。怒声は同居の母親との会話が中心だったそうです。防音について不動産に相談しようと手打ちになり、大家と不動産に連絡を入れましたが、

大家は心配して何度も連絡をくれるものの、壁を厚くするなどの工事には応じず、不動産も様子を見るばかり。仕方がないので防音パネルを壁の広さ分だけ購入し、防音カーテンと壁の間に設置することにしました。これはそこそこ効果があり、トラブルはなくなったのですが、不動産からなんと「契約違反」を指摘されることに。それはレッスンをしていたため、商用契約になるというものでした。結局、これで折り合いがつかず、退去することになりました。



みなさまに申しあげたいのは、基本的に「楽器OK」とされている物件のほとんどは大家の裁量であるということです。まだまだ昭和の大家が多く、隣人には気を遣って生活しましょうという主義なので、防音はされていません。
この部屋なら、この楽器なら、音は小さくトラブルにもなりにくいだろう、という条件なのです。

建物としては、どんなに新しくてもアパートはダメだと思ってください。外観がレンガ造り風でも、隣家との壁はコンクリートやレンガではありません。内見で壁をたたけばわかります。また、階段の上り下りがしっかり部屋まで聞こえてしまう場合は、玄関の扉が音漏れの原因です。
マンションであっても、鉄骨構造は避けてください。結局壁の薄さや素材でアウトになります。


ちなみに、迷惑と感じない音のレベルですが、スマホをスピーカーモードにしないでテーブルに置いたとき聞こえてくる程度、と考えてください。防音ボックスは「ひそひそ話程度」まで小さくなると説明していますが、同じレベルです。これなら壁を通り越してもほとんど聞こえません。

ご経験のある方は多いと思いますが、
・隣家で普通に会話されるとまる聞こえ
・オーディオやエレキギター、ベース、ドラムの振動が来る
・テレビの音声がモコモコ聞こえる
これらは全部音トラブルの元凶です。すべて音の振動が壁に伝わって起こるものです。
ひとりごとやテレビのネタの爆笑、お隣に聞こえてますよ。楽器はハンパないって(笑)
【防音のことの最新記事】
posted by arp-flute at 11:02| Comment(0) | 防音のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。