26PHAH17tn.jpg c-fl21t.jpg

アルペジオフルート教室のご案内
ホームページ:http://www.arp-flute.net/

アルペジオフルート教室は、東京・神奈川に9教室展開するフリータイム制のフルート教室です。
お好きな日時に予約をいただきレッスンを行いますので、お仕事や学校が忙しい方でも、無理なくお通いいただけます。
「練習する時間がない」「近所迷惑になるので、日々の練習ができない」という方、ご相談ください。防音のアイデアをご紹介しています。

□ 年間回数は固定しておりません。1ヶ月単位でのお休みもOKです。
□ 予約しきれなかった回数は繰り越しできます。
□ 前日までのお申し出があれば、日程の変更が可能です。
□ ガラスのフルート「クリスタルフルート」のレッスンもしています。

レッスン料金:
○入会金:9,000円
○月謝:月2回7,500円(40分)より
#回数は自由に変更できます。
#スタジオレッスンはスタジオ代の一部ご負担をお願いしております(月700円)

レッスンルーム:
(スタジオレッスン)渋谷・池袋・武蔵小杉・青葉台・横浜戸部
(ホームレッスン)八雲都立大・碑文谷学芸大・武蔵小金井・練馬谷原

体験レッスン実施中!お問い合わせはホームページからどうぞ。

2018年07月14日

午前と昼間のレッスン

アルペジオフルート教室では、朝9時からレッスンを受け付けています。
午前中・日中を希望される方はどなたでもお申し込みいただけます。


レッスンって午後夜間だけ?

音楽教室は午後からのレッスン受付がほとんどです。
まれに朝から受付も見かけますが、だいたいは11時から。
その理由は、実のところよくわかりません。
これまで需要が少ないと思われていたのでしょう。

あるいは、こんな部分も影響しているのでしょうか?
講師の別の顔は演奏者、プレイヤー。その演奏の場であるコンサート、リサイタル、ライブはほとんどが夜です。
必然的に、生活は夜型になり、朝が弱くなります。規則的な生活サイクルを求めると、午後からの仕事になります。

英会話学校にあって、音楽教室にない「フリータイム」

アルペジオ・フルート教室は、開設当初から「フリータイム制」を掲げてきました。
音楽家は様々な活動形態があり、事務所所属でスケジュールはおまかせタイプから、教室所属で稼働の曜日を決めるタイプ、自分で仕事を獲得してスケジュールを管理するタイプに分かれます。

私の場合、自分で管理するタイプで、空き時間にレッスンを組むという考え方になりました。当教室の講師の多くはこのスタイルなので、フリータイムが確立できました。
逆に言えば、事務所や大手教室所属になると、フリータイムは困難になるということです。

その後、さまざまなリクエストをお受けするうち、主婦のみなさんから「早い時間にレッスンできないか」という要望が寄せられるようになりました。それならスタジオが営業している時間ならいつでも受けようじゃないかと応じたのが、午前と昼間のレッスンをはじめたきっかけです。
評判が広まり、現在10名ほどの方が午前中〜午後の早い時間の受講をしていらっしゃいます。

時間をひねり出すことの苦労

かなり前のことですが、実際寄せられた相談で、こんなことがありました。この方は結局入会されませんでしたが・・・

当時、別の教室へレッスンに通っていた中でのお悩みです。
昼間は働いていて、終業から保育園に預けた子供を迎えに行くまでのわずかな時間に受講することができたので、最初は楽しみに通っていたそうです。

しかし、講師が同世代の女性で、話が合うことから講師のほうがおしゃべりになってしまい、30分のレッスンのほとんどが一方的な世間話になってきたということでした。
「私はこのわずかな時間でも吹きたいのに、どうしたらいいですか」と・・・

時間をひねり出すことの苦労が切実に感じられました。しかし、この方のお悩みに応じてあげることはできませんでした。この方にとっては、当時の教室での状況改善を求めるものだったのです。

残念ですが、そればかりは越権行為ですからできませんでした。しかし、教室運営への要望と受け止め、レッスンの質の向上に役立てたのは言うまでもありません。
主婦のみなさん、特に小さなお子様を抱える方は、時間の捻出は本当に大変な事情だと思います。

全く触れたことのない方から、かつては吹いていたけれど時間の合う教室がなくて、という方まで、まずはお問い合わせ下さい。
posted by arp-flute at 08:40| Comment(0) | レッスンのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。